副業として「せどり」「転売」に取り組んでいる方は非常に多いと思います。

個人ビジネスを経験したことが無い初心者でも、せどりや転売のような物販は成果が出しやすいからです。

 

せどりや転売はアフィリエイトと違って「開始初月から○万円!」などの成果を出す人も多く、モチベーションが維持しやすいビジネスなのも特徴です。

仕入れ商品に関する専門知識が必要だったり、リサーチ、梱包・発送などの手間もかかりますが、稼ぎやすいので続けられるんですね。

 

続けるうちにせどり・転売に関する専門的な知識やノウハウが身に付き、徐々に徐々に収益が伸びていく様子を眺めるのは楽しい経験でしょう。

「このペースでいったら、来年には数千万円の売り上げになるかも!」な~んてことを考えたりすると、ワクワクしちゃいますよね!

せどり・転売には収入の限界がある

しかし、せどりや転売に取り組んでいる方には、「いずれは収入の限界が訪れる」ということも理解しておかなくてはなりません。

 

なぜなら、せどりや転売などの物販ビジネスで収入を増やそうとしたら

  • 仕入れ
  • 商品リサーチ
  • 梱包・発送
  • 顧客対応

などの作業に割く時間が増えていくので、「収入を増やす=忙しくなる」という原則からは逃れられないからです。

 

  • 体は一つ
  • 一日に使える作業時間は24時間まで

という制限が、せどりや転売をしている人の『収入の限界』を決めてしまいます。

 

そのため、いまは順調に毎月売り上げを増やすことができていたとしても、いずれは必ず『収入の限界』にぶち当たることになるんです。

せどり・転売で”収入の限界”を突破する外注化戦略

せどりや転売における収入の限界を突破するには、いくつかの方法があります。

まず最初にできるのが、人を雇う「外注化」という方法です。

 

梱包や発送など誰にでもできる作業はマニュアル化して、雇ったアルバイトの人に任せます。

 

任せた作業のぶん自分の時間が空くので、空いた時間でさらに商品を仕入れたりリサーチしたりできます。

梱包作業や発送作業をアルバイトと一緒に行い、2馬力で作業しても良いでしょう。

アルバイトに支払う給料よりもアルバイトを雇ったことによる収益の増加分が多ければ、理論上あなたの手元に残るお金は増えていくので”収入の限界”を突破することができます。

 

アルバイトは「Bizseek」や「ランサーズ」などの外注依頼サイトを通じて募集するとすぐに集まりますし、良い人材だった場合は交渉して継続雇用することもできます。

 

また、ちょっと裏ワザ的な方法で外注依頼したいのであれば、「ココナラ」を使ってあなたが持っているノウハウを販売すると良いです。

「転売ノウハウを教えます」という内容のサービスを3000円程度で出品し、購入してくれた方にLINEやスカイプを通してコンサル形式で転売ノウハウを教えてあげます。

ある程度ノウハウを習得してもらえたら、「私の作業を手伝ってもらえませんか?お給料はちゃんとお支払いしますし、転売ノウハウが無料で身近で学べますよ。」とお誘いします。

 

「OK! 」であれば、そのまま即戦力の人材が手に入るという方法です。

最終的にはせどり・転売作業を自動化する

自動化

外注化で1人雇っただけでは、確保できる自由な時間はたかが知れています。収入の増加率も少ないです。

 

そこで今度は収入を増やすために、アルバイトの人数を増やします。

外注サイトを通じて何人も何人も雇っていき、雇った人の生活リズムや能力に応じて作業分担していきます。

 

この方法を使うことで、最終的には転売作業の全てを他人に任せることができます。自動化の仕組みの完成です。

自分自身は何一つ作業することなく、お金が増えていくのをニヤニヤしながら眺めていればよくなります。

 

自動化の仕組みを作るにはそれなりに時間がかかりますし、仕入れ・リサーチ・梱包・発送など…作業の全てを自動化したとしても、人材募集やアルバイトの管理は自分でやる必要があります。

 

それでも「完全自動化」は難しくても「半自動化」くらいまでは誰でも実現できますので、せどりや転売の作業をしているときに「忙しいな!」とか「もっと利益を増やしたいな!」と思った時には、他人に仕事を任せる『外注化』を検討してみてください。

 

Bizseek

ランサーズ

ココナラ

などの外注依頼サイトで募集すると、意外と人が集まります。

 

また、ビジネスを自動化したり不労所得を作る際のポイントはこちらにまとめてあります。ご参考まで。

関連記事不労所得の意味と作り方、不労所得を稼ぐのは簡単だ!