現金を破いてみた

今回はお金に対する価値観を変えるワークということで、1万円札を破ってみました

 

あなたは、1万円札を破ることができますか?

 

「お金はとても大切なもの」と思い込んでいる人が非常に多いですが、それは幻想です。

「お金 原価」「お札 材料費」とかで調べてもらえばわかるんですけど、お金の原価ってとても安いです。

1万円札でも1枚30円くらいで作られています。

1万円札があれば、1万円相当の商品やサービスと交換してもらえますが、その正体は30円程度にしかならないということですね。

関連記事お金の「本当の価値」と、金持ちが○○を買う理由

 

お札をビリビリ破ると「なんてバチ当たりなことをするんだ!」とか「とても大事なものだから破れないよ!」という人がいるんですが、

は?なにいってんの?そんなの幻想だよ。こんなもの、ただの紙切れだよ。ということに気付いてもらうために、
破いてみました。

 

このお金を破る行為なんですが、お金に対してとても執着を持っている人、たとえば

 

お金!お金!お金!お金!お金!お金!

と、ルパン3世に出てくる峰不二子みたいに”執着心”をもっている人には破れないはずです

 

自分がお金に対してどのような価値観を持っているのか?

お金に対してヘンな執着心や ヘンな価値観をもっていないか?

を調べるバロメーターにもなりますので、手元にお札があれば、ぜひお札を破るワークをやってみてください。

破いた現金は最寄りの銀行へ

破いたお札は最寄りの銀行に持っていけば、新しいお札と無料で交換してもらえます

セロテープなどでくっつけて「お札が破けちゃったんですけど…」と伝えれば新札と交換してもらえますので、ぜひ破いてみてください。

それから注意点が1つ。

お札を破くときは、1回まで(2分割まで)にしてください。

 

3分割、4分割とか細かくしてしまうと、銀行で新札と交換するときに”鑑定”が必要になってしまって3日くらい待つことになります

その場ですぐに新札が手に入らなくなってしまうので、破くときは2分割までにしてください。

お札を破くのは犯罪か?

お札を破くと「お金を破く行為は犯罪だ!通報してやれ!」と大騒ぎするひとがいますが、少なくとも現在の日本の法律では、お札を破いても罪にはなりません

「貨幣損傷等取締法」という法律がありますが、これは1円玉や10円玉などの”貨幣”を対象とした法律なので、1万円札などの”紙幣”を破いても犯罪にはなりません

自分の1万円札を破いても罪にはなりませんのでご安心ください。

 

ということで、今回は”お金の価値観を変えるワーク”として1万円札を破いてみました。

手元にお札がある方はやってみてください。

 

「お金の正体」に気付けますよ!

「お金」の話題はこちらもどうぞ。