メルマガの文字数は、1行当たり何文字が最適なのか?

メルマガ発行者なら一度は気にしたことがあるはずです。

 

改行せずに1行の文字数があまりにも長くなってしまうと、

スマートフィン(スマホ)で読んでいる人には

文字が塊のように見えてしまい

非常に読み辛くなってしまいます。

 

また、中途半端な文字数だと

スマホで見た時に変なところで改行されることも

あります。

 

特にメルマガは、

移動中などにスマホで読む方が多いので、

メルマガ発行者としても

1行の文字数には気を遣いたいところです。

【スマホ対策】メルマガの文字数は1行19文字

私もスマートフォンでメルマガを読む人の為に

1行の文字数を気にしているのですが、

メルマガではいつも、1行の文字数を

19文字以内に収めるように注意しています。

 

なぜ19文字なのかというと、

私が持っているスマホで自分のメルマガを見た時に、

1行が19文字で改行されていたからです。

 

スマホもいろいろな機種やサイズがあるので

一概には言えませんが、

2017年現在、主流となっているスマホでは

1行19文字のものが多いようです。

 

機種やスマホ自体のサイズによっては

受信メールを見た時に、

1行が20文字とか26文字とか

いろいろあるみたいですが、

19文字で改行しておけば、

ほとんどの機種では違和感なく

読めるはずです。

メルぞうでも1行19文字を推奨している

私がメルマガの本文を

スマホ向けに1行19文字で改行している理由は

他にもあります。

 

私が毎月利用している

無料レポートスタンドの『メルぞう』でも

1行19文字を推奨しているからです。

 

メルぞうは『プラチナ会員』という

月額制の会員サービスの申し込むと、

毎月自分が作った無料レポートを

発行部数数十万部の公式メルマガで

宣伝してもらえます。

メルぞう「プラチナ会員」の特典付き詳細

 

そして、その広告文を書く際には

「横19文字×5行以内で書いてください。」

指定しています。

 

メルぞうも横19文字

 

これは明らかにスマホで読む人を意識した対応です。

 

以前は「横35文字×3行」だったので、

スマホの普及を意識して1行の文字数を減らしたのでしょう。

 

このように、

  1. 自分のスマホが1行19文字だった
  2. メルぞうが1行19文字を推奨している

という理由から、私はメルマガを書く際には

スマホで読まれることを意識して

1行19文字以内で改行しながら書いています。

スマホに合わせてメルマガの文字数を調整したい場合

スマホで読む人のことを考えて

メルマガの文字数が1行19文字で改行するのが

良いことはわかりましたが、

いちいち文字数を数えながらメルマガを書くのは

面倒ですよね?

 

文字をカウントするのが面倒な方は、

私のメルマガの書き方を真似してください。

 

私はメルマガを書く際には

の2つの無料ソフトのうち

どちらかを使っています。

 

あなたもお好きなソフトを使って

メルマガを書いてみてください。

MKエディターでスマホ用に文字数を設定する方法

MKエディターを使ってスマホ向けにメルマガを書くときは、

1行の文字数が指定できます。

 

指定する方法を説明します。

 

まず初めにMKエディターを開き、ツールバーから

【表示】⇒【折り返しモード】と進み、

【指定文字数で折り返し】をクリックしてください。

 

mk エディーターで文字数を設定する
指定文字数で折り返し

 

次に、再度、

【表示】⇒【折り返しモード】と進むと、今度は

【折り返し文字数の指定】がクリックできるので、

こちらをクリックします。

 

mk エディーターで文字数を設定する②
折り返し文字数の指定

 

すると、1行の文字数が

「半角の文字数」で指定できるようになります。

 

ひらがなや漢字で1行19文字にしたい場合は、

半角38文字(全角19文字)に設定し

スマホでも読みやすいようにしましょう。

 

mk エディター 半角で文字数を指定する
38文字(全角19文字)に設定

 

【OK】をクリックすると、

指定した文字数で自動的に改行されるようになりました。

 

mk エディタで自動改行される
指定した文字数で自動改行される

 

はじめの状態と見比べると、違いが一目瞭然です。

 

mk エディターで文字数を設定する
通常の表示

 

ただし!

 

この状態は、あくまでも

自動で改行されているように「見えるだけ」です。

 

この状態のままメルマガを送信すると

改行が反映されないまま送信されてしまいます。

 

なので、

自動改行された位置を見ながら、

スマホでも読みやすいように

ひとつずつ改行しておいてください。

 

ちゃんと改行が反映されると、

左側に行数が表示されるようになります。

 

mk edter 改行途中
ちゃんと改行すると行数が表示される

 

TeraPadでスマホ用に文字数を設定する方法

MKエディターと同じように、

TeraPadでメルマガ用の文章を作成する際にも

スマホに合わせて1行の文字数が指定できます。

 

手順としてはTeraPadを開き、ツールバーから

【表示】⇒【オプション】と進みます。

 

テラパッド オプション設定方法

 

【オプション】をクリックすると

オプション設定用の画面が開きますので、

【基本】タブから【指定の桁数で折り返し】に

チェックをいれてください。

 

terapad 折り返し文字数の設定

 

チェックを入れると桁数が指定できるようになりますので、

折り返したい半角での文字数を入力します。

 

TeraPadでもMKエディターと同じように、

日本語入力で19文字で折り返したい場合は

2倍の数(38)を入力してください。

 

これで、

スマホでも読みやすい文字数になります。

 

また、このときに

【縦線を表示】にもチェックを入れると、

折り返し文字数のところに薄く縦線が表示されるので

あとで改行したいときなどに便利です。

 

terapad 折り返し文字数の設定後

 

設定が終わると、このようになります↑

 

この状態だと指定した文字数で

自動改行されているように見えますが、

MKエディターの時と同じで、実はまだ

ちゃんと改行されていません。

 

なので、

折り返し文字のところで、

1か所ずつEnterキーを押して

改行してください。

 

 

以上のように、

MKエディターとTeraPadで

1行の文字数を指定することで

スマホでも読みやすいメルマガ

書くことができます。

 

2017年時点ではブログもメルマガも

スマートフォンからのアクセスが大半を占めており、

ネットビジネスをするうえでもスマホ対策は必須です。

 

特にメルマガはスマホで読まれることが多いので

1行の文字数を調整しながら書いていけると良いですね。

 

 

メルマガの文字数については、

他にもこんな記事を書いていますので

よろしければこちらもお読みください。

メルマガ件名に最適な文字数を暴露!

メルマガ本文は何文字書いたら良いのか?